会計と体重計の違いを考えてみた話

先日、こんなツイートしたら思いのほか反響があったので、今日はこの「会計」と「体重計」について考えてみたいと思います。

ではどうぞ。

「会計」と「体重計」の違い

「会計」と「体重計」の違いは何か。

まず、この両者の違いを明らかにしておかなければなりません。

測定時点と観察時点の違い

会計は、決算書でも毎月の試算表でもそうですが、測定時点は期末日(月末)であるのに対し、それを観察しているのはもちろん作成後です。

つまり、測定時点と観察時点にタイムラグがあります。

それが半月後なのか1か月後なのか、はたまたもっと長いのか。

それは決算書なり月次の試算表なりを作成する経理体制によります。

一方で体重計。

こちらは測定時点と観察時点が同時と言えます。

体重計に乗ればその時点の体重が分かりますよね?そういうことです。

一つ目の違い、会計は測定時点と観測時点が異なるのに対し、体重計は測定時点と観測時点が同時なのです。

正確性(信頼性)の違い

2つ目の違いは、観測した数値に対する信頼性の違いです。

これは、会計数値に信頼性が無いというわけではないのですが、人間が作る数字である以上、想定外の数値が出た時に「本当に合ってる?」とか「こんなはずはない!」と反応することがあります。

もっと言えば、会計は意図的に数値を歪めることだってできます。

ですので、会計はその信頼性が揺らぎやすいともいえるのです。

一方で体重計はどうでしょう。体重計が示す数値を疑う人はいないのではないでしょうか。

例えそれが信じたくない数字であっても、「体重計がおかしい!」と本気で思う人はいないですよね。

従って体重計に対して恣意性が入り込む余地は無く、その信頼性を疑うことはほとんどないでしょう。

数値の種類の問題

次に、出てくる数字の種類についてです。

会計は、決算書や試算表を見ればわかりますが、単純に項目が多く、いったいどの数字を見ればいいのか分かりにくいですよね。

ですので決算書の意味が分かる程度には会計に関する知識が必要、また見るべき項目や順番をある程度確立しておくことが望ましいです。

一方で体重計。当然ですが体重しかありません。良くて体脂肪率です。

せいぜいこの2つしかないので非常に分かりやすい。

しかも覚えやすいともいえるので、自然と過去からの体重や体脂肪率を比較することができます。

このように考えると、体重計の分かりやすさは、その指標の少なさにあるとも言えます。

では、会計をダイエットにおける体重計のように活用するにはどのように使えばいいか考えてみたので、もう少しお付き合いください。

会計を計たらしめるもの

測定時点(決算日)と観測時点がずれが小さいこと

決算早期化を進めましょう。特に月次決算は早い方がいいです。

体重計が優秀なのは測定と観測を同時に行えるということです。これにより、前日から体重が増えていれば食べすぎたな、とか自身の行動を振り返ることができます。

しかしこれが1か月前とか、しばらく前の体重だったらどうでしょう。

その時にはすでに、増えた減ったの要因となる行動を振り返るのは難しいでしょう。

これはすなわち明日からの改善活動に活かせないということです。

具体的に何をすべきかわかりませんからね。

やはり過去の自分という反面教師がいてこそ改善が進むのだと思います。

会計だって同じです。

結果を見て行動を振り返るからこそ次の意思決定に活かすことができるのです。

この振り返りなしに明日の行動がより良くなるはずがありません。

ですので、数値と行動を結び付けるためにも測定と観察のタイムラグを縮めることが重要なのです。

ルールに則って作成され正確であること

恣意性を排除するためのルールを決めましょう。月によって処理が変われば、本来目を向けるべき事象がとらえきれなくなります。支払日がずれるとしても毎月の発生が決まっているようなケースは毎月計上するといったルールにすることや、意図的に計上を見送ったりしないことなどです。

これにより結果である決算数値に対して疑う余地を無くすことが重要です。

決算数値に対して疑う余地が小さくなればなるほど、数値に対して行動がどうだったのかと考えるようになります。

「こんなはずじゃない」とか、「これは調整した数字やから」と数字に対して不誠実な態度は無くすべきです。

見るべき値や指標が決まっていること

決算書や試算表を見るときに着目する数値や指標を決めましょう。

それを定点観測宜しく見続けるのです。

特に分かりやすいのは売上や利益率など、また資金残高の動きなどを毎月見続けることです。

これにより、ただの数字や指標の羅列が、その裏にある行動まで紐づけできるようになり、ひいては将来の動き方をどう決めるかといった意思決定にまで活かすことができるようになるのです。

明日はたべすぎないぞ!みたいなもんです。

最後に

とりとめもなく考えてみましたが、意外と奥が深い話な気がしてきました。

「会計で会社を強くする!」→レコーディングマネジメント

「体重計で体を軽くする!」→レコーディングダイエット

案外、根っこは同じかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
こちらもぽちっとお願いします。